芸は身を助ける?滅ぼす?(1)

March 16, 2017

小さいころから絵を描くのは好きでした。

毎日のように描いてたと記憶しています。

 

 

 

高校生のころなんかは割と現実的で、

絵を仕事にできるなんて思っていませんでしたが

大学生1回生の時、初めての学祭で

せっかくだから何かしたい…でもなにが出来るだろう?

そう考えて出てきたのが似顔絵屋でした。

 

絵を売るという初めての体験に

喜びと感動を感じたのを覚えています。

 

しかし、絵が上手くても就職には役に立たねぇ!!!

そう思って在籍していた芸術系大学では染織専攻へ進学。

※アパレル関係に就職しようと考えていました。

 

ちよっと絵が上手いからって良い気になってると

何の仕事も出来ないまま大人になってしまうのが怖くて怖くて。笑

それこそ中途半端な芸達者は「芸は身を滅ぼす」と言ったものです。

 

 

当時は似顔絵一本で生きていけるほど世の中は甘くねぇ!!

と、似顔絵は趣味程度に抑えていました。

そして私は似顔絵業界では「普通」レベルだけど、

営業業界では「くそうめぇ!」レベルのスキルをもって

一般企業に就職します。

 

 

 

新卒で入社した会社ではデザインの仕事も任せてもらったけど

基本は営業職でした。ここから趣味でも絵をほとんど描かなくなります。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

9月の似顔絵屋

September 4, 2017

1/6
Please reload

Recent Posts

February 8, 2019

September 4, 2017

August 3, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Grey Instagram Icon
  • グレーGoogle+のアイコン

© 2016 by chihiro.shimoishi created